本文へスキップ

>freedom思考SEOでホームページが検索にかかるようになる

>freedom思考SEOでホームページが検索にかかるようになる

>freedom思考SEOでホームページが検索にかかるようになる

freedom思考SEOでホームページが検索にかかるようになるには

  • ホームページが検索にかかるようになるには

    【ホームページビルダーを使ってホームページをまずは1件作る】
    私は、個人事業主向けのホームページにお困りの方向けにこのホームページを作りました。
    ホームページは検索にヒットすることが一番です。
    問い合わせがきて
    依頼がきて
    お金が入金される。

    これまで他のページでも書いていますが総決算です。

    一般的に求めるホームページは、「動いて目を引くようなきれいなホームページ」が理想とされホームページ作成を始める方が多いようですがそれらは検索に対し必ずしもヒットに導くものではありません。

    先ずはホームページを1件アップロードすることをお考えください。

    【ホームページビルダーを利用している方は】
    ホームページビルダー21・22を使って添付されているテンプレートを利用し基本に忠実な「レスポンシブ」なホームページを編集・作成して下さい。

    そしてそのホームページが検索にヒットし収入に結び付けることを下記を読んでお考えください。

    それを目指すに十分なアドバイスがここにはあります。

    【ホームページが検索にヒットするようにする】
    ホームページを1件アップロードしたら
    あなたのホームページが検索にヒットする為のホームページの基本(要件)が抜け落ちてはいないか検証しましょう。
    世間では、ホームページが検索されないのはSEOが大切とか・・・言っていますが
    SEOを考える前にもう一度自分のホームページを見直してください。

    wordpress、wix、jimdoなどどれをでホームページを作っても検索順位には変わりありません。
    wordpressが、wixが、jimdoが検索順位が有利などと書いて有るサイトは信用してはいけません。
    ホームページビルダーでも何ら遜色ありません。
    重要なのは
    どのソフトで作ったホームページでも下記@〜Bはソース部に必ず設置することです。
    @各ページのソース部で<title></title>にキーワードを含んだ文章を記入する。
    A各ページのソース部で<meta name="description" content="">を適切なキーワードを含んだ文章で設置する。
    B各ページのソース部で<meta name="keywords" content="">を設置する。


    【私が検索にホームページがヒットさせるに一番大切と考える事】
    @キーワードです。
    《重要》何というキーワードでホームページをヒットさせたい(ヒットされたい)のかを決めます。
    ◆自分の作ったホームページは、他人がキーワードボックスに何と書き込んだらヒットするのかを考えます。
    ◆いや違います。今あなたの頭にあるキーワードはあなたのホームページに必要なキーワードでは、ありません。
       他人が何と言うキーワードをキーワードボックスに書き込むのかを想像します。
       それがあなたのホームページが検索されるに必要なキーワード(検索され語)なのです。
        「検索され語」・・・は私が考えた造語ですが・・・
       この言葉の意味に気が付けばあなたのホームページは必ず検索にヒットします。
       ホームページは検索にヒットさせるのではなくヒットされるように作るのです。

    Aソース部のタイトルです。 <title></title>です。
    <title>ここに@で考えたキーワードを含んだタイトルを書き入れます。</title>
    《重要》ソース部のタイトルとインターネットを通して見えるタイトルは必ずしも一致していなくとも良い。

    Bソース部の「meta description」です。
    「Description」の文章をを丁寧に書きあげることが一番です。
    「Description」を@のキーワードを含んだ文章にします。

    《meta description について》
    先日、ヤフーの知恵袋に 「より会社のホームページが検索に多くかかる様に検討」と質問があり「ページの内容」「ページの追加」「ブログとのリンク」・・・などと、どの方法が有効なのか?・・・でした。

    私は答えを投稿しました。

    私は、経験から あなた様が言われる「より検索に多くかかる様に検討」としてのやり方ではホームページの検索上位進出は無理と考えます。
    私は検索上位進出は「Description」が一番大切と考えてSEO対策としています。 ホームページにはソース部にmeta name="Description" conten・・・と言うところがあります。 検索は、殆どの場合「Description」からキーワードが拾われます。 検索は、ご存知のようにキーワードBOXにかかれた言葉からホームページを選び出し(検索します)ます。
    ですから検索する人がどのような言葉(キーワード)を書き込むかを考え(想像し)「Description」を作成する必要があるというのが私の考え方です。

    私は、最近、冷凍和菓子作りのメーカー様と知りあいになり、必然その冷凍和菓子メーカーのホームページを見ました。
    冷凍和菓子メーカーのホームページの「Description」の今は、 「冷凍技術を生かし、作りたてのおいしさを気軽に楽しんで頂きたい。その想いで我々は和菓子を作り続けています。」・・・と書いて有りました。
    これでも「冷凍 和菓子 製造」で検索すると検索順位1ページ目上位(4位)でした悪くはないので手直しの必要は無いと考えます。

    が・・・
    私のお勧めの提案の「Description」の文章は、少し長めですが
    「株式会社****は、和菓子と最新冷凍技術の融合で和菓子を製造するメーカーです。百貨店・スーパー・専門店の業務用冷凍和菓子のOEMからNB商品・PB商品・SB商品・ノベルティに至るまで新作市販冷凍和菓子を衛生管理から始まる品質管理で作りたてのおいしさを追及しお客様(お取引先)の要望に貢献致します。」・・・です。

    今までの「Description」でのキーワードは、 「冷凍」「技術」「生かし」「作りたて」「おいしさ」「気軽」「楽しむ」「想い」「我々」「和菓子」「作り」「続ける」です。
    検索する方は、こんなキーワードを「キーワードBOX」に書きません。 キーワードとしては「和菓子 冷凍 業務用 製造」が予想されます。
    私の考えた文章では、 「和菓子×4」「最新」「冷凍×3」「技術」「融合」「製造」「メーカー」「百貨店」「スーパー」「専門店」「業務用」「OEM」「NB」「商品×4」「PB」「SB」「ノベルティ」「新作」「市販」「衛生」「管理×2」「品質」「作りたて」「おいしさ」「追及」「お客様」「お取引先」「要望」「貢献」と(重要なキーワードの重複「和菓子×4」「冷凍×3」もあり)多彩です。
    こんな風にすると 「より検索に多くかかる様になり」検索上位になるかもね。

    ◆適確な「Description」は、ホームページの検索順位に貢献します。

    ・・・・・としました。

    ソース部のタイトルは、
    r<title>和菓子と最新冷凍技術の融合で冷凍和菓子を製造するメーカー/株式会社****</title>

    とでもします。
    「Description」が適切であればソース部の<title></title>は「Description」の次の2番手になります。

    《重要》私は冷凍和菓子の知識などまったくありません。
    なぜ「Description」の文章が書けたかと言うと自分のホームページより上位や近い検索順位のホームページのホームページの「Description」を覗いたり検索順位上位のホームページの内容を精査しキーワードを拾い出し収集そして書出して新たな文章を構成したのです。自分が想像もしなかったキーワードがゴロゴロでした。それらを自分のホームページに適合するようそのキーワードを織り込んで「Description」の新たな文章(meta description)を作り上げました。

    《重要》そんなこんなをしていると今編集しているホームページが「Description」の説明文と少し違うのかな?とホームページ本文やホームページの構成にも疑問が出てくるはずです。
    本文やホームページの構成にも手直しが必要になってきます。


    《重要》一度アップロードしてあるホームページをここを読みながら手直ししている方は手直しが一部でも終了したらすぐにホームページを転送し更新します。
    なぜならばクローがいつやってくるかわからないからです。
    手直しが続けば3日に一回、7日一回、廻ってきます。
    イチハヤク「クロール」させるためなのです。



    ※「私が書いたこのホームページに書かれていることは駄目だ!」‥‥と思っ方へ
      他の方法を試して、他もダメだったらもう一度このホームページに戻ってきて下さい。
      このホームページに書いてあることを実践してください。

    ※初めてのホームページをJimdoやホームページビルダー簡単で作っていた方がいました。
    編集方法がわからずヤフーの「知恵袋」に何度か質問を投稿されていました。
    その方に対しての私の答え(2020/03/14から数回)が導いたかわかりませんがその方は、ホームページビルダー21・22フルcssテンプレートでホームページを作成し2020/04/23にアップロードしました。
    (サーバはさくらインターネットのライト、参考にしたのはこのホームページの様です。)
    何と!!タイトル名で検索するとアップロード3日目に表示されました。
    更に1週間もたたない2020/04/29には、キーワード3つの組み合わせで17位(2ページ目)に検索されました。
    これからもホームページの内容を充実させるよう編集することにより検索順位は良くなるでしょう。
    その方は、LINEで何度も編集方法について私に質問してきました。
    私の答えをよく理解しアップロードできたことは努力が実を結んだものと言えるでしょう。

  • ホームページが検索されない!あなたへ---@

    検索されないホームページには特徴があります。
    @TOPページに本題がかかれていない
    Aホームページの本題であるタイトルに対しての説明文がない
    B又その説明文にキーワードが使われていない
    Cホームページの見栄えばかりの写真が多すぎる・写真が大きい
    D社会性がない。
  • ホームページが検索されない!あなたへ---A

    検索されないホームページには特徴があります。
    @各ページのソースで<title></title>に記入がない。
    A各ページのソースで<meta name="description" content="">を設置してない。
    B各ページのソースで<meta name="keywords" content="">を設置してない。
    C他人のホームページのソースを見ていない。
    D<h1><h2><h3>に記入がない。
    ▼これらは、初歩のSEOともいえるでしょう。

  • ▼質問やお問い合わせは、LINEでお願い致します。(無料)
    ▼LINE登録は、QRコードをタップして下さい。
    フリーダム/QRコード
    フリーダム/QRコード

ナビゲーション

バナースペース